逃げ恥トークセッション①

今日は三重県津市という所にいました。三重県の県庁所在地ですね。名古屋から近鉄で1時間ちょい。特急だともうちょっと早いかな。あんまり近鉄電車に乗る事がないので、ちょっと緊張。名古屋が始発なのでラクラク行けるのは良いことです。
さて、津に到着したのはいいのですが、目的地へのバスがもう既に行ってしまった後で、次が30分後なんですって。お昼ご飯も買ってきてあるし、かといって時間を潰す場所がほぼない状況だったので、徒歩で行きました。HPによると25分弱ぐらいで行けるそうです。だからバスを待つよりも早く目的地に到着できるということでいざ歩き始めましたが、上り坂だなんて聞いてない(笑)
必死に歩いて25分。目的地にとうちゃこ。雨が降る前だったせいか蒸し暑くて私は汗だくでした。

今日はコレに参加してきました。


「逃げるは恥だが役に立つ」の作者・海野つなみ先生とドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のプロデューサー・那須田淳さんによるトークセッションです。
男女共同参画センターフレンテみえという団体が企画されました。何故三重?って感じですけども(汗)愛知も何かやってくれよ・・・。
12時15分開場で、名前を言うだけで入れたんですけど、ここのロビーで買ってきた天むすを食べ、お手洗いを済ませていざホール内に入るともう既に半分以上の席が埋まってる状態で、みんな早すぎるぜっって思ったのは私だけでしょうか・・・。まだ開演から30分以上も時間があるのに・・・!!みんな海野先生にかぶりつき状態です!
そんな状態ではありましたが、前から12列目を確保して開演を待ちました。

さて、トークセッションが始まりました。とりあえずメモって来た事を箇条書きにしてみますね。
ちなみに公共事業というのもあるのか、手話をされる方達が交代で全ての会話を手話で伝えてくれていました(2人でやってて15分で交代でした)。
・コミックスの表紙が百合ちゃんだったのは意外だった→順番的にそうなっただけで、10巻まであれば次は沼田さんだった。
・割と早い段階でメディア化の話があって、アニメ、映画などいろいろあるがどうするかと聞かれて「TVドラマがいい」という海野先生の希望で、連続ドラマとなった。その後は結構おまかせな感じだった。
・連載時の風見さん家の家事代行をやることになって三角関係になっちゃうんじゃないかっていう辺りから那須田Pはムズムズキュンキュンしていて(笑)、この辺りからドラマ化の企画を立ち上げていた模様。
・ドラマのタイトルは「ネガティブなワード」を使わないのがセオリーだったが、このタイトルはネガティブなんだけど何故か許せる感じのタイトルだった。
・TBSでドラマ化するに辺り、「火曜日と金曜日どっちの枠がいいか」と海野先生が希望を聞かれ、「職場や学校で次の日に話題にしてくれる火曜日がいい」と言ったものの、後で火曜ドラマ枠の視聴率が低い事を知り、ガッキーの経歴にキズをつけてしまうのではと大変心配したそうです(ある意味那須田P(TBS)に失礼vvっていうか日曜劇場はダメだったんかい)
・那須田Pもハナから火曜ドラマにするつもりだった。
・「重版出来!」も那須田Pが手がけていて、火曜日の夜10時に仕事や勉強を頑張った自分にご褒美をあげようというハッピーな気持ちにさせたかったそうです。(今のドラマはさすがに厳しいけどな)
・原作マンガとドラマの線引きについては、リアリティの加減を気をつけているとのこと。
・みくりが平匡に契約結婚を切り出すシーンが一番の壁だったらしい。「そもそも新垣さんかわいいじゃん。なんで契約結婚なんてしなきゃいけないんだ」っていう事だよね。
・ガッキーと契約結婚をするという「ドリーム感」が出たのではないか。
・那須田Pはみくりの実家でみくり達が結婚宣言をした時のキャーキャーした石田ゆり子の演技が面白くて好きだったらしい。
そこから波に乗れたのではないかと思っているようです。
・脚本家の野木亜紀子さんは1話で契約結婚まで持っていくのが大変だったと話していたとのこと。
原作も1話で契約結婚まで進んでしまっている→妄想で力業展開したらしい
・海野先生がTBS側からもらったドラマのプロットはほぼ原作通りだった。
・那須田Pがマンガや小説が好きで、好きな作品には忠実でありたいというのがあって、極力原作を壊さないように行間に妄想を付け加えてドラマにすると申しておりました。神です。
・新垣結衣のキャスティング→那須田Pはガッキーが18歳の時に「恋空」で初めて仕事をして、だいたい2,3年周期になっている。26歳の時に「空飛ぶ広報室」で一緒になった際に「次は28歳かな」と思ったら本当にそういう巡り合わせになったとのこと。
・星野源のキャスティング→フレッシュな人がいい。でもいるようでいない。そしてわかりやすいイケメンじゃない方がいい(笑)そしてガッキーを安心して任せられる人で、お父さん目線で男として好きになれる人というのを探していたら、以前「コウノドリ」で一緒に仕事をした星野源がヒットしたとのこと。ちなみに原作まんがを渡して「これやってください」って感じでオファーしたらしい。
・基本的に好きな役者さんで臨んでいるそうです。
・恋ダンスの収録時に海野先生が撮影見学していたら、那須田P自らが演出していてびっくりした。かなり熱い指導が入ってガッキーが「はああ~」ってなってたそうな。ここでどうして恋ダンスにここまでこだわったのかを海野先生が那須田Pに逆質問。
・星野さんのコンサートでイレブンプレイが踊っていて、そのユニットがとても可愛かったんだそうです。なのでいつかドラマで彼女達のダンスが活かせればと考えていたとのこと。
・平匡さんの隠れた魅力を引き出す為の手段だった。いろいろ提案して、平匡が一人ギターを弾くという案も出たがすぐに却下されたらしい(逆に見たいv)
・タイトルバックがないドラマが最近多いので、ストーリー以外にも何か楽しい要素が欲しかった。
・ガッキーと一緒に仕事をしたいと思ったきっかけはポッキーダンス(笑)笑顔の圧倒的強さ。
・タイトルバックは2時間半で作ったらしい。
・振付演出家のMIKIKOさんには「カメラ目線」を出せる振り付けを依頼した。なのでくるっと回ったり後ろを向いたりする振りはない。
・まさかあそこまで評判になるとは那須田Pも想像してなかったらしい(ケネディ元駐日大使まで踊った事を取り上げていた)
・恋ダンスは簡単そうで難しい。小中高生は若いしダンスの授業があるのであっという間に覚えてしまう。
大人は一通り踊るのは厳しいので、エンディングでも編集で繋げて見せていると言ってました。わかってるよv
・やっさんのエピソード、百合ちゃんの仕事ぶり、平匡の職場風景については、原作とは違う部分が多いが、みくりと関係する人達のバックグラウンドを描くことでみくりのセリフが生きてくる。逆にそこをなくすとみくりと平匡が部屋でしゃべってるだけのドラマになってしまう。
・平匡の職場のシーンはやったら面白かったので、あそこまで増えた。
・ロケ場所は敢えてシンプルな場所を選んで、芝居を楽しむ事を重点に置いていた。
・撮っていて面白ければ場所は増えていく。
・主要人物は最初から出すというのが野木さんスタイルのようです。
・みくりの妄想シーンは基本的に社会派妄想。「くまえもん」という四コママンガでやってみたら評判がよかったのでそれを活かした。
・みくりのキャラ説明の手段として利用。もっとやりたかったらしい。
・原作だと1話目の妄想は「徹子の部屋」で、さすがの那須田Pも黒柳さんにお願いに行けなかった(繋がりはあるが他局だし)。でもお願いすればよかったとちょっと後悔しているそうです。
・海野先生は「友近さんが出てくるかと思った」と言ってましたv
・真田丸は最終回だったし、新婚さんいらっしゃいは大阪の局だし、ま、いっかーな感じだった。
・NHKのあさイチでも逃げ恥を思いっきりパロっていたし、別のドラマでもパロディを使うようになっていった。
・平匡さんのモデルについて。高収入高学歴なんだけどモテない男の人は特に技術系に多いそうな。学校でも職場でも周りが男ばっかりという環境だと出会いがない。そういう人が平匡のモデルみたいです。
・モテる男よりモテない男の方が好きというか、恋愛苦手な人の方が好感度が上がる
・みくりと平匡がスマホでどう返信しようかうだうだやってる所が那須田Pは好きだそうです。
・平匡は古典的で今風な男である。

今日はここまでにしておこう・・・。思いの外沢山メモっていた・・・(ていうか周りは全然メモってる人いなかった)。
帰りは津駅行き臨時バスが停まっていたのですぐさま乗り込み、いざ特急で帰るぞ!と思ったら座席指定完売・・・。仕方なく行きと同じ急行で帰りました。1時間ちょいずっと立ってないといけないのかと途方に暮れましたが、さすがに四日市から座れました。名鉄より人がいっぱい乗ってるな・・・。たまたまかしらん。3時から4時の間でしたけど。

帰宅後は春巻作り!昨日掘ってきたタケノコを使って作りました。おいしかったです!!

では続きは明日。メモった事を思い出しながらだーーっと書いただけのわけわからん文章です。読みづらいと思います。すんません(汗)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Sana

  • Author:Sana
  • SanaSEED管理人
    【好きなもの羅列】
    SKIP BEAT!/RAYEARTH/空飛ぶ広報室
    高橋大輔/浅田真央/大野智/ARASHI/
    TM NETWORK/T.M.Revolution/
    BooBo/TBS/ぐでたま/ゆるキャラ etc.
    フィギュア・ジャニーズ・まんが・アニメなど狭く深めに応援しています。
    ※コメントは承認制です。メールが欲しい方は「管理人だけに~」にチェックを入れて下さい。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索